【横浜*美容院】30代からのおすすめボブヘアスタイル

目次

 

 

 

ヘアスタイルには時代に合わせた様々な流行りがありますが、常に安定の人気があるのがボブスタイルなんです!

 

なぜボブスタイルが年齢問わず、いつの時代も人気なのでしょうか?

 

自分にはどんなボブスタイルが似合うのか、ボブスタイルにしようか迷っている方も必見です!

 

ボブってどんなヘアスタイルなの?

〈ウィキペディア〉主に女性の髪形の種類のひとつ。前髪を額に垂らし切り下げ、後髪を襟足辺りで真っ直ぐに切りそろえた髪型のこと。おかっぱ。

 

肩くらいの長さで髪の根元から毛先まで丸みを帯びた髪型のことを言います!

 

元AKB 前田敦子さんを筆頭に長澤まさみさんやローラさん、最近では水原希子さんや広瀬すずさんがボブスタイルを楽しんでおり更に人気が高まっているんです!

 

ボブはただ切り揃えるだけではありません

美容室でボブにしたいお客様が検索するワードには、お悩みや願望が沢山あります。

 

ボブ 長め

切りたいけど短いのは勇気がない、仕事やスポーツで結べる長さがいい。

 

 

大人 髪型 ボブ

若く見せる為に丸みがあるボブスタイルにしたいが、幼い印象になり、やぼったくなるのは嫌。学生でボブスタイルにしたいけど、大人っぽい印象になりたい。

 

ボブ 髪型 40代

年齢に合わせたボブスタイルになりたい。年齢とともに髪にハリコシがなくなり、ボリュームが気になる。

 

ボブ 黒髪

毛先がまとまり、動きのない重めの印象のボブスタイルに黒髪だと重すぎるのか気になる。

 

髪型ボブ 髪型 丸顔

女性らしい丸みのある優しいイメージのボブスタイルにしたいが、気にしている丸顔が強調されないか心配。

 

 

ボブがご希望中でも全員が段差なく、短く切りそろえた髪型にしたい訳ではない事が伝わりまよね。

 

お客様のライフスタイルに合わせて耳にかけるのか、結びたいのか、普段どのようなお手入れをされているか、などで改善点を見つけだしカットさせていただきます!

ボブが芸能人からも人気の5つの理由

ボブ 人気

どんな流行りのヘアスタイルがあっても不動の人気ナンバーワンはボブスタイル!!

 

耳下から肩上のボブは髪の毛も長すぎず、お手入れしやすいです。

 

なんと言ってもボブは髪の長さや毛先の段差のバランスで雰囲気が変わるので、人それぞれの魅力を最大限に引き出してくれます!

 

また美容院から帰宅後、ご自宅での仕上がりを再現しやすいのも人気の理由です。

 

 

美容院では上手くいってたのに、家では手に負えない…なんて悲しい状態になりにくいのもボブスタイルの特徴です。

 

ボブは段差がつきすぎていない・毛先が軽すぎない為、ご自宅でスタイリングが簡単にできます。

 

カットから2、3ヶ月経ってもスタイル崩れしないのも嬉しいですよね!

 

更にボブが人気の理由をご紹介していきましょう!

 

 

1.ボブはお手入れが簡単

朝の支度の時間や夜のお手入れの時間に余裕がある方は少ないと思います。

 

学校や会社に行くまでにメイクや着替えなどの支度で、時間が余る事は滅多にないですよね…

 

今は社会で活躍する女性が増え、仕事へ向かうまでの時間や仕事から帰ってきてからの時間はどうしてもバタバタしてしまいがちです。

 

一般的にボブは肩上の長さくらいなので、ロングヘアに比べて毎日のシャンプーも時間短縮になります。

 

めんどうに感じやすいドライヤーもボブだと、早く髪を乾かすことができます!

 

いっそのことショーヘアの方が楽なのでは!?

 

なんて思いがちですが、違うんですよ。

 

ショートヘアは髪の表面にしっかり段差をつけている為、毛先が動きやすいです。

 

寝ている間にクセがつきやすいんですよね…

 

すると朝は水で根元を濡らして、ドライヤーで乾かしなおす必要があります。

 

ボブは髪の表面にあまり段差が入っていないヘアスタイルなので、毛先に厚みが残り寝グセがつきにくいんです!

 

寝グセがついたとしても根元が浮きやすい襟足やボリュームがほしい後頭部、印象が変わりやすい前髪をなおすだけで仕上がります!

2.ボブは年齢問わず、前髪ありなし関係なく楽しめる髪型

 

全体の長さや段差の入れるバランスで似合わせることができるボブは10代〜60代と年齢問わず楽しめます!

 

ボブスタイルのリピートが多い理由も分かりますよね。

 

毛先に段差をいれるとは、髪の表面の長さを部分的に短く・長くと毛先に差をつけることです。

 

毛先に動きが出るので自然で軽やかなイメージになります。

段差をつけるカットのメリット

 

☑︎襟足に段差がつき、メリハリが出るので首が長く見える

 

☑︎後頭部のボリュームが出る

 

☑︎形に丸みがつくので柔らかい印象

 

☑︎毛先が引き締まり小顔効果

 

☑︎丸顔、面長などをカバーしてくれる

 

☑︎可愛いよりは綺麗めで上品なイメージになるので30代・40代の大人女性から人気

 

大人女性に必要なボリューム・ツヤ・毛先の動きが全て叶えられるのが段差をつけたボブになります!

 

3.ボブはパーマもかけれるのでお悩みを解消しやすい

髪のお悩みの原因は骨格・髪質・ボリューム・ダメージなど様々です。

 

年齢によっても髪質に変化があるので、今まで似合っていたヘアスタイルも気付けば

若作りしすぎてる!?

なんてこともあるんですよね…

 

20代が似合うバランスを40代の女性に合わせてしまうと、頑張りすぎていて若作りしすぎている印象になってしまうんです!

 

「気に入ったヘアスタイルを今後も続けていきたい!でも老けたくない!」

 

自然に若く見せたい場合はそのヘアスタイルのバランスを、少しだけ取り入れるだけで年齢に合った素敵な印象にすることが可能ですよ!

 

 

また年齢を重ねていくと、1本1本の髪が細くなりボリュームが出にくくなります。

 

「細毛に悩む人と薄毛に悩む人に別れる」とも言われますが、実際両方の髪質に悩んでいる人がいることも事実です。

 

細毛と薄毛のどちらもハリコシが弱く根元が立ち上がりにくくなるので、毛先の丸みシルエットが上手くスタイリングできなくなります。

 

年齢とともに感じる髪のお悩みは他にも

☑︎後頭部にボリュームがなくなる

☑︎顔周りがペタンとし影で暗く見える

☑︎毛先がまとまらない

☑︎毛先がパサつく

☑︎1本1本のハリコシがなくなる

☑︎白髪が増え老けて見える

☑︎今まで気にならなかった髪のうねりが出てくる

他人事ではありませんよね…

 

でも諦めることではありません!!

 

 

お客様の骨格や髪質を計算しカットでお悩みを少しでもカバーすることができるんですよ!

 

カットで厚みを残す部分や毛先を軽くし引き締める事でメリハリが出ます!

 

お客様によって首の高さや耳の位置、お顔の輪郭が違いますよね。

 

似合うバランスのカットはお客様に合わせたオーダーメイドカットが必要です!

 

 

髪のお悩み・ご希望の髪型・骨格・髪質・カラーやパーマ、縮毛矯正の履歴によって一番似合うカットをご提案いたします。

 

 

4.ボブを切るか伸ばすか、悩んでいる時にもオススメです

 

今の髪の毛の長さに飽きていたり、気分転換に髪の毛は切りたいけどどれくらいの髪の長さに切るか迷っている人は、ボブがオススメです!

 

もし仮にまた伸ばしたいと思っても毛先がまとまるスタイルなので、こまめにカットしなくても大丈夫!

 

ボブは伸ばしやすいヘアスタイルとも言えます。

 

髪を切りたいと思っていても、いきなりショートにするのは勇気がいりますよね。

 

まず肩上のボブを試してからショートを楽しむのでも遅くないと思います!

 

まずボブを楽しんでからショートにする。

2度もヘアスタイルを楽しめますよ!

 

5.ボブはコテやアイロン、スタイリング剤でヘアアレンジが幅広い

人気のボブですが、いつも髪を下ろしていてばかり…という方も多いですよね。

 

肩上の長さだと短くてアレンジは難しいと思っていませんか?

 

ショートと違い段差がついていないボブは、一つ結びやハーフアップも楽しめます!

 

忙しい朝でも簡単ひと手間でできるアレンジができるのもボブが人気の理由です。

 

また髪が伸びて毛先が肩につく長さはハネやすくなります。

 

あえてアイロンやコテで外ハネにすることで、いつもと違う雰囲気のボブにアレンジできますよ!

 

外ハネボブは大人っぽいイメージにもなるので、可愛くなりすぎないところもポイントが高いです!

ボブはハイライトカラーが人気です

髪の表面に段差(レイヤー)をつけないボブヘアはどうしても平面的に見えますね…


ロングヘアであればペタンと平面的でも毛先に動きが出たり、多少の膨らみが出るのでバランスがとれます。

 

また髪の表面に段差を入れることで、動きがでますよね!

 

しかしボブのような髪の表面が均一にまとまるヘアスタイルは平面的に見えすぎると逆効果になってしまう可能性があるんです…

前下がりボブに細めハイライトで奥行きのあるヘアスタイル

 

ヘアスタイルが平面的でペタンと見えてしまうと…

●後頭部の形が悪く見える

●ハチ周りが強調され頭が大きく見える

●華やかさに欠け寂しく見える

お顔の印象にも違いがでます。

 

だからこそハイライトやローライトで、気に入っているヘアスタイルは変えずに立体感や毛先の動きを出すことができるんです!

ハイライトやローライトもボブ特有の形や長さにより、顔まわりのデザインが変わってきます。

前下がりボブに全体のカラーはアッシュ系で落ち着かせ、細めハイライトを頭の丸みに合わせて放射線に入れました。

より後頭部にボリュームが出てみえ、ヘアスタイルに奥行きができましたね!

 

お悩みの際はどんな印象の仕上がりになりたいのかで明るさや毛束の太さ、染める位置を決めるといいですよ!

 

ボブに黒髪だと重い!?ホイルカラーが雰囲気を変えてくれます

 

髪の内側や普段見えないところにハイライトやローライトを入れる必要はありません。

ヘアスタイルのデザインに合わせて髪の表面や顔まわり、結ぶ時に見える襟足付近だけでも印象を変えることができます。

 

髪全体にハイライトやローライトを入れない分、施術時間も短縮でき部分的に染める事ができますね!

 

いつものカラーにプラス5分〜10分で雰囲気を変える事ができます。

 

また部分的に染める事でダメージもできるだけ抑えられますよ!

いつものカラーに飽きた時、気軽に挑戦できるのもハイライトやローライトが人気の理由です!

 

【30代・40代】大人髪型が人気の3つのポイント

髪や頭皮のお悩みが増えてくる30代・40代の大人女性からのボブ人気が高まっています。

そんな大人女性のボブが素敵にみえるポイントはどのようなものなんでしょうか?

 

根元からのボリュームと自然な軽さの前髪

 

年齢とともに髪が細くなり、根元からボリュームが出づらくなります。

 

髪が太い100本と髪が細い100本では、本数が同じでもボリュームの見え方が変わってしまうんです。

 

前髪はお顔に近く印象がガラリと変わるポイント!

毛先が同じ長さに揃っていてパツンっとした前髪は幼く見えてしまいます。

 

年齢が若くみえるのと、幼くみえるのでは訳が違いますよね…

 

やはり前髪は大切!!

毛先に重さを残した前髪は、若作りしすぎた印象になる場合があります。

斜めに角度をつけたり、毛先に隙間を作り動きを出すなど似合わせながらカットするのがポイントです!

 

後頭部の丸みのあるシルエット

ドライヤーでしっかりボリュームを出しても乾かしても、寝ている間に後頭部が押し潰されてペタンとしてしまいます。

丸みがなくペタンとした状態でスタイリングすると少し寂しい印象になります。

 

でも朝からしっかりブローしたり巻いたりする時間はありませんよね?

 

カットで厚みを残す部分や毛先を軽くし引き締める事でメリハリが出て、丸みのあるシルエットに仕上げることができます。

 

朝のスタイリングはハネたりペタンとなっている部分の根元を軽く濡らして、ドライヤーで立ち上げるだけ!

 

カットで作り込んでおくだけで、ご自宅でのお手入れは時間がかからず簡単になります!

 

襟足を引き締めてメリハリを出す

段差をつけるボブスタイルの場合は、どの高さから引き締めてメリハリをつけるかが重要となります。

毛先に重さと丸みがある定番のボブスタイルだと問題ありません!

 

メリハリのあるボブは段差を入れすぎるとショートスタイルに寄ってしまい、短かく見えてしまいます。

 

しかし段差を入れなさすぎると引き締めたいのか、定番の毛先に厚みのあるボブスタイルにしたいのか、あやふやになり野暮ったい印象になってしまうんですよね…

 

どのような印象のボブにしたいのか、カット前のカウンセリングが重要になります。

 

 

襟足を引き締めることで、後ろから見たシルエットも後頭部から丸みが出てます!

 

首に沿って段差が入るので、首が長く見えたり小顔に見える効果が期待できますよ!

 

お客様によって骨格や髪質・ご希望・髪のお悩みが違う為、それぞれのポイントがあります。

 

大人女性が素敵に見えるボブのポイントを組み合わせて周りから褒められるようなヘアスタイルになるんですね!

 

老けない髪型とは?

 

いつまでも若くみられたい

 

美しく年齢を重ねていきたい、大人女性の永遠のテーマですよね。

 

なのに…

分け目がしっかりついている

前髪が薄く目元を隠している

トップや後頭部にボリュームがない

髪の表面に艶がなく毛先がパサついている

 

これでは老ける髪型から抜け出せません!!

 

髪型が決まっていると1日良い気分でいられますよね?

充実した毎日を送る為には髪型が重要なんです!

 

実年齢より若くみえるヘアスタイル

 

後頭部にボリュームが出ている

毛先にまとまりがある

髪の表面に艶がある

分け目が目立ちすぎていない

ヘアカラーが均一に染まっている

髪のシルエットに丸みを感じる

前髪に自然な厚みがあり目元を隠していない

顔まわりの毛束で頰に影ができていない

 

ちょっとしたポイントで実年齢よりも素敵に若く見せることができます!

ボブが似合う人?似合わない人?

一般の方のgoogleのリサーチでは

ボブ 似合わない 面長

ボブ 似合わない 丸顔

ボブが似合うか分からない

というキーワードが上位を占めます。

ボブスタイルに挑戦したいけど「自分の髪質や骨格に似合うのかな」っと思っている人は結構多いようですね。

 

似合うか似合わないではなく、お客様に似合せたカットで納得のいくボブにできます!

 

朝からアイロンをする・耳にかける・髪を結ぶ・朝にシャンプーをする・スタイリング剤をつける などライフスタイルによっても似合うボブは変わります。

 

髪質・骨格・お悩み・ご希望が全て同じお客様はいません。

 

様々なバランスを考えたオーダーメイドカットが大切となります!

 

ショートボブは段差をつけて毛先に動きを出す!

周りから褒められる髪型には立体感・奥行きが大切になります。

 

スタイリングの時に鏡で見ている正面が美しいだけじゃダメなんですね!

 

では360°どこから見ても美しい髪型には何をプラスしたらいいのでしょうか?

 

 

立体感や奥行きがでる髪型には段差が必要です!

段差を高めに入れるか低めに入れるかでも、イメージが変わってきます。

 

段差を高めに入れると丸みがコンパクトでショートよりのヘアスタイルとなり、格好良いモード系の印象。

 

ショートに近いヘアスタイルの形となり、前下がりボブにも相性が良いです。
段差を低めに入れると、丸みが大きく柔らかさがありフェミニンな印象。

 

「ひし形」と呼ばれるボブが必ず段差が必要です。

 

耳の高さや首のラインは人それぞれなので、段差の入れ方も骨格を見て似合わせてカットします!

顔まわりをどれ位カットするか、前髪の印象や髪質のまとまり方、どれ位髪の量を少なくしたいのかで合わせる段差が変わるんですね。

 

 

また段差をつけることで毛先が動き、程よい束感が出て柔らかなイメージになります!

顔周りに段差を入れることにより、輪郭をつつんでくれるので小顔効果にもなるんですよ!

毛先が軽いスタイルが苦手な方は、髪の表面だけ段差をつけて動きを出すカットがオススメです!

 

 

【賞美期限】ボブはどのくらいの期間でカットが必要?

食品が美味しく食べられる期間を賞味期限と言いますが、ヘアスタイルにも綺麗に保つ事ができる期間があります。

 

カットをしてから伸びきるまでの期間を賞美期限と呼ぶんです!

 

ボブのようなミディアムくらいの長さは伸びた時に肩に当たって、ハネやすくなったり襟足のくせ毛具合によって変わってきます。

 

1ヶ月半〜2ヶ月の期間でカットをするのがオススメですね!

 

外ハネボブの場合は毛先をハネさせてセットする為、賞美期限を過ぎてもあまり気にならずに過ごせると思います。

 

ただ頭の部分により伸びるスピードが違うんです!

 

2ヶ月を超えてくると毛先にバラつきが出て綺麗に見えなくなってきますので、やはりメンテナンスという意味でもある程度の期間が経ったらカットをオススメします!

 

 

賞美期限を守って美しいヘアスタイルを長くキープしましょう!

 

長めのボブは外ハネがオススメです

中途半端な長さのボブだからこそ、頑張って内巻きにせず外ハネを楽しめます!

内巻きワンカールと同様にして手首を外側へくるんと返すだけで、毛先が上を向く外ハネカールに仕上げることができますよ!

外ハネの効果

☑︎首に沿ってくびれるので首が細く見える

 

☑︎カジュアルからオフィススタイルまで幅広く似合う

 

☑︎毛先に動きが出て柔らかく軽やかな印象になる

 

☑︎髪が多い方や硬い髪質でも軽く見える

 

☑︎寝癖やクセ毛を生かして外ハネにするのでセットが簡単にできる

 

外ハネにはアイロンがオススメです!

「コテじゃないの?」と感じる方もいると思います!

しかしボブの長さは毛先が耳や首に近いので火傷をする危険があるですよね。

ストレートアイロンは外側にカバーがついており、万が一 耳や首にあたったとしてもできるだけ火傷を防ぐことができます!

 

アイロンを使用する場は、手首の返しによって毛先に動きをコントロールできます。

 

アイロンの熱が均一になるよう、髪の束を分け取ります。頭のハチ辺りで髪を上下に分けてヘアクリップなどで留めておきます。

 

髪の毛の中間から毛先へ、ストレートアイロンを滑らせ毛先まできたら、外ハネになる側へカールをつけます。

 

ポイントは手首の返しを同じ角度にし、左右のカールが同じになるようにします。

 

慣れると簡単に、スタイリングの時間が短縮になります!

 

【髪を寄付する】ヘアドネーションを知っていますか?

ヘアドネーションとは頭皮や頭髪に関わる病気が原因で髪の毛が抜けてしまい、ウィッグを必要としている子ども達に医療用ウィッグを作る為の毛髪を寄付します。

 

ヘアドネーションには条件があります!

 

31㎝以上の髪の毛が条件となります。

年齢や性別は問いません。

 

パーマやカラーリングをしていても引っ張ってすぐ千切れてしまうような髪の毛でなければ大丈夫です!

 

切り口をゴムでまとめて髪の毛がバラバラにならないように毛束を作ります。

湿っている髪の毛はカビや雑菌が繁殖する可能性があるので、完全に乾燥した状態でカットしなくてはいけません。

 

1つのウィッグを作る為には約20〜30人分の髪の毛が必要なんです!

 

まだまだ知られていないのも現状です。

 

31㎝以上カットしてロングからボブにする予定がある方はぜひ、ヘアドネーションしてみませんか?

 

 

30秒で解消!ボブのアホ毛や切れ毛の原因・対処・予防

アホ毛・切れ毛とは髪の表面から短い毛先があちらこちらに出ている髪の事を言います。

ボブは髪の表面の艶やかさで、印象が変わるヘアスタイルです。

 

アホ毛があるとまとまりにくく、艶がなくパサパサに見えてしまいます…

 

アホ毛・切れ毛の原因とは?

湿度によりうねりに変化が出るので、髪の表面にでてきやすいとされています。

 

梅雨時期や汗をかきやすい夏の時期が特に気になりやすいです。

 

また冬場も乾燥により切れ毛になることが多いので、季節問わず1年中気になりやすいと言えます。

 

ダメージにより切れた毛先

髪の表面をすきバサミで軽くした場合

枝毛

くせ毛による広がり

 

様々な原因がありますが、髪の毛の生え変わりにより伸びる途中の短い毛で仕方のない場合もあります。

 

 

アホ毛・切れ毛の対処法

ドライヤーで抑えながら乾かす

ストレートアイロンで伸ばして抑える

スプレーで髪の表面を固める

色々なアホ毛・切れ毛の対処法がありますが、ソフトワックスで抑えるのがオススメです!

ソフトワックスを手のひらで伸ばし、表面のアホ毛・切れ毛を抑えることで艶も出てます!

たくさんつけてしまうとベタつくので要注意です。

両手に薄く伸ばしてまんべんなく撫で付けるのがポイントですね!

朝の忙しい時間も、簡単にアホ毛を抑える事ができますよ!

 

アホ毛・切れ毛の予防

そもそもアホ毛が無ければ気になりませんよね。

日頃からどんな事に気をつけていればアホ毛・切れ毛が予防できるのでしょうか?

 

頭皮や髪の保湿をする

頭皮や髪が乾燥するとアホ毛が立ち上がりやすくなります。

髪の内部に十分な水分量があれば、乾燥する事もなくなりますよね。

しかしカラーやパーマ以外にも紫外線や空気の乾燥など普段生活する中で、髪の水分量を保つ事は難しいです。

髪の内部に少しでも水分量を保ちたいのであれば、洗浄力が強すぎるシャンプーを使わないことや洗い流さないトリートメントを使うなど保湿ケアが必要になります。

 

 

頭皮の毛穴を綺麗にしておく

頭皮の毛穴が汚れていると毛根を押しつぶしアホ毛が立ちやすくなります。

毛穴の皮脂や汚れを綺麗に落とし、髪の栄養が行き渡るように頭皮マッサージで血行を促進します。

するとしっかりとした髪が生えやすくなり枝毛や切れ毛、ダメージによるアホ毛・切れ毛になりにくい髪になります。

 

 

他にも生活週間や睡眠など気をつけることは沢山あります。

毎日のケアでアホ毛・切れ毛をなくし、髪の表面に艶が出るヘアスタイルを目指していきましょう!

【ボブヘアカタログ】前髪あり?前髪なし?

 

「ボブにしよう!」と思ってもどんな種類があって、どんな印象や効果があるのか色々と悩みますよね。

前髪があるのとないのでも、お顔の印象はガラリと変わります!

 

どんなボブが似合うかな

ボブの長さで印象はどうなるんだろう

今の長さでは、どんなボブにできるのか

ボブってどんな種類があるんだろう

 

実際に担当させていただいたお客様のヘアスタイルと一緒にボブの特徴やイメージをご紹介していきます!

定番の結べる平行ボブ

ボブといえばコレ!

ギリギリ肩につかない長さで、毛先に丸みが出る事で柔らかい印象で年齢問わずオールシーズン人気のボブスタイルです

前回切ってから3ヶ月でこの長さだと、まだ襟足が短くヘアアイロンが上手く使いこなせないのがお悩みでした。

 

伸ばすか切るかを悩んでいたので今回は毛先を1.5㎝のカットで、アイロンいらずねお手入れが簡単になるボブスタイルをご提案いたしました!

 

ナチュラルな印象の平行ボブはモテ髪でもありますよ!

内巻きMIX外ハネボブ


伸ばしていて中途半端な長さが気になる方は、外ハネボブがオススメです。

内巻きを入れた仕上がりで耳の高さにボリュームが出て、面長や丸顔もカバーできます。

毛先だけ軽く外ハネにアレンジすることで動きが出て簡単なんです!
首に添ってくびれるので髪質が固くごわつく髪質でもスッキリ軽い印象になりますよ。

外ハネボブが寝癖に見えないコツ

☑︎後ろの毛束もしっかり外ハネに巻く

後ろ髪を巻く時は、後ろから前に毛先を持ってきて巻きます。
前に持ってこれない場合は、束に分けて少しずつ後ろで巻きます。

 

☑︎巻いた後はスタイリング剤をつける

トリートメントバームやオイルを使い、セミウエットで仕上げる事で大人のこなれ感が出ます。

襟足ギリギリのミニボブ

顎上に設定した短めのボブをいいます。

襟足はギリギリまで短くしすっきりと大人っぽく見え、こなれ感も出るトレンドのヘアスタイルです。

クラシカルで上品な印象にもなり、コンパクトにまとめたボブにしたい方にオススメです。

乾かすだけで髪がまとまれば、ブラシを使ってブローする必要もありませんよね!

 

コテやアイロンで内巻きにしなくてもいい長さのボブなので、熱ダメージを抑えることができます。

時間も短縮になりますしダメージも抑えられて、いいことしかないミニボブです!

 

髪の毛は短い毛が長い毛を押してくれるという性質があるので、襟足がどのように生えているか確認をしてから髪質に合わせてカットしていきます。

お手入れが楽になるのでママ世代に人気のボブです!

 

毛先外ハネ切りっぱなしボブ

首周りがスッキリ見え小顔効果が期待できるのが外ハネボブです。

30代の大人女性からも支持が高く、ウエットでお洒落な質感と相性がいいんですよ!

 

髪が多い方や硬い髪質でも、軽く見えます。

肩上から肩下まで幅広く似合わせる事ができるのも特徴ですね。

肩上アゴラインボブ

襟足ギリギリのミニボブはちょっと勇気がいる方は、顔周りがあごラインで長さが残るミニボブがオススメです。

首に毛先が当たらないので毛先のまとまりは抜群ですよ!

髪の量も調整できるので軽くなりドライヤーも早くなります。

あごラインの定番ボブも人気ですが、襟足がキレイに見えてスッキリ大人っぽくこなれ感が出るミニボブはいかがでしょうか?

 

奇抜で個性的ではないですが、少しモードなスタイルに挑戦したい方にもオススメです!

 

前下がりの段差がついたボブ


30代・40代の大人女性に人気の前下がりボブ!

後頭部に段差をつけ丸みのあるボリュームが出やすくなります。

後頭部がペタンとなり気になる方は、段差をつける事でカバーできます。

斜め40度から見える後頭部のボリュームや、襟足の引き締まり具合が大人の上品さを引き出しています。

 

後頭部の立体感・奥行きを感じられるヘアスタイルなので、周りから褒められることが多くなるでしょう!

 

前下がり丸みボブ

前下がりボブは首が細く長く見えるのが特徴です。

伸びた時に気になりやすい襟足を短くすることで、スタイルが長持ちします。

後頭部にもボリュームが出るので、頭の形が気になる方もお悩み解消できるボブです。

襟足付近は毛根の密度が濃く、1本1本も太くしっかりした髪が生えている事が多いです。

伸びるスピードも早いと言われていますが、襟足を短くし前下がりにすることで長く楽しむことができます!

襟足スッキリショートボブ

後ろと前の段差を切り込むことでメリハリがつくショートボブです。

後ろから見るとショート、前から見るとボブ、顔周りが出し過ぎたくないがスッキリ段差をつけたい方にオススメですよ!

40代の大人女性からのリピートが高いスタイルです。

 

 

お好みのボブは見つかりましたか?

多少の段差や全体の長さを変えるだけでボブのイメージが変わります!

きっとお気に入りのボブが見つかりますよ!
ぜひ一度ご相談ください!