40代からのボブ/老けない髪型のポイントとは?

【50代なんかに見えない】老け顔女性に似合う髪型

 

40代からの若返り髪型って?

40代からの若返り髪型

いつまでも若くみられたい

 

美しく年齢を重ねていきたい、大人女性の永遠のテーマですよね。

 

「髪に立ち上がりがなく老けて見える」

「若返る髪型を意識しすぎて逆効果な気がする」

「若く見えるヘアスタイルが分からない」

 

 

そんな髪型に対する自覚症状はありませんか?

そして諦めていませんか?

 

 

 

髪型は見た目年齢を大きく変えます!

 

 

実年齢より若く見られたい!

あなたにぴったりな若く見える髪型を探していきましょう!

 

老けて見える髪型の特徴

●分け目がしっかりついている

●前髪が薄く目元を隠している

●トップや後頭部にボリュームがない

●髪の表面に艶がなく毛先がパサついている

 

これでは老ける髪型から抜け出せませんよ!

ちょっとしたポイントで実年齢よりも素敵に若く見せることができます!

 

【50代なんかに見えない】老け顔女性に似合う髪型

【50代なんかに見えない】老け顔女性に似合う髪型

髪型ひとつで若く見えるか老けて見えるか変わります。

 

とても重要ですよね!?

 

髪のお悩みの原因は骨格・髪質・ボリューム・ダメージなど様々です。

 

年齢によっても髪質に変化があるので、今まで似合っていたヘアスタイルも気付けば

若作りしすぎてる!?

なんてこともあるんですよね…

 

20代が似合うバランスを40代の女性に合わせてしまうと、頑張りすぎていて若作りしすぎている印象になってしまうんです!

 

 

「気に入ったヘアスタイルを今後も続けていきたい!でも老けたくない!」

 

 

自然に若く見せたい場合はそのヘアスタイルのバランスを、少しだけ取り入れるだけで年齢に合った素敵な印象にすることが可能ですよ!

 

 

また年齢を重ねていくと、1本1本の髪が細くなりボリュームが出にくくなります。

 

「細毛に悩む人と薄毛に悩む人に別れる」とも言われますが、実際両方の髪質に悩んでいる人がいることも事実です。

 

細毛と薄毛のどちらもハリコシが弱く根元が立ち上がりにくくなるので、毛先の丸みシルエットが上手くスタイリングできなくなります。

 

年齢とともに感じる髪の悩み

 

☑︎後頭部にボリュームがなくなる

☑︎顔周りがペタンとし影で暗く見える

☑︎毛先がまとまらない

☑︎毛先がパサつく

☑︎1本1本のハリコシがなくなる

☑︎白髪が増え老けて見える

☑︎今まで気にならなかった髪のうねりが出てくる

 

 

他人事ではありませんよね…

 

 

でも諦めることではありません!!

 

老け顔に見えないようカットで厚みを残す部分や毛先を軽くし引き締める事でメリハリを出します。

 

 

首の高さや耳の位置、お顔の輪郭に合わせて髪に段差を入れることで老け顔ではない若く見える髪型になります!

 

 

髪に段差を入れる効果とは?

【50代なんかに見えない】老け顔女性に似合う髪型
周りから褒められる髪型には立体感・奥行きが大切になります。

 

スタイリングの時に鏡で見ている正面が美しいだけじゃダメなんですね!

 

では360°どこから見ても美しい髪型には何をプラスしたらいいのでしょうか?

 

 

立体感や奥行きがでる髪型には段差が必要です!

 

 

段差を高めに入れるか低めに入れるかでも、イメージが変わってくるんですよ。

 

段差を高めに入れると丸みがコンパクトでショートよりのヘアスタイルとなり、格好良いモード系の印象。

 

ショートに近いヘアスタイルの形となり、前下がりボブにも相性が良いです。
段差を低めに入れると、丸みが大きく柔らかさがありフェミニンな印象。

 

「ひし形」と呼ばれるボブが必ず段差が必要です。

【50代なんかに見えない】老け顔女性に似合う髪型

 

耳の高さや首のラインは人それぞれなので、段差の入れ方も骨格を見て似合わせてカットする必要があります。

 

顔まわりをどれ位カットするか、前髪の印象や髪質のまとまり方、どれ位髪の量を少なくしたいのかで合わせる段差が変わるんですね。

 

 

また段差をつけることで毛先が動き、程よい束感が出て柔らかなイメージになります!

 

 

顔周りに段差を入れることにより、輪郭をつつんでくれるので小顔効果にもなるんですよ!

 

 

毛先が軽いスタイルが苦手な方は、髪の表面だけ段差をつけて動きを出すカットがオススメです!

 

 

 

段差を入れた髪型の6つのメリット

☑︎襟足に段差がつき、メリハリが出るので首が長く見える

☑︎後頭部のボリュームが出る

☑︎形に丸みがつくので柔らかい印象

☑︎毛先が引き締まり小顔効果

☑︎丸顔、面長などをカバーしてくれる

☑︎可愛いよりは綺麗めで上品なイメージになるので30代・40代の大人女性から人気

 

 

いつものヘアスタイルに飽きを感じている方も、髪に段差を入れることで雰囲気を変えれますよ!

 

 

老けるセミロングがある!?

 

どんな場面や服装にも合うセミロングですが、あまりに無難すぎて老けてしまうことがあるんです…

 

あなたのセミロングは若く見えますか?

 

どうしても肩につく長さで広がりやすく、毛先が肩に触れるので摩擦で乾燥しパサつきやすい状態になります。

 

セミロングは意外にもお手入れが大変なんですね。

 

 

老けないセミロングにオススメなのは外ハネアレンジ

老けないセミロング
老けないセミロングには外ハネアレンジがオススメです!

 

外ハネをすると首ラインにくびれができます。

これが老けないポイント!

 

肩につき広がりやすく膨張した髪をただ押さえると、動きのない重たいスタイルになります。

 

毛先に動きがありお顔に光が入りやすくなることで明るく活発に若く見えるんです!

 

首のラインで外ハネを作ることで動きと軽やかさののあるくびれができます。

 

40代の為のヘアアイロンの使い方

老けないセミロング

 

「コテじゃないの?」と感じる方もいると思います。

 

しかしボブの長さは毛先が耳や首に近いので火傷をする危険があるですよね。

 

ストレートアイロンは外側にカバーがついており、万が一 耳や首にあたったとしてもできるだけ火傷を防ぐことができます!

 

 

アイロンを使用する場は、手首の返しによって毛先に動きをコントロールできます。

 

①アイロンの熱が均一になるよう、髪の束を分け取ります。頭のハチ辺りで髪を上下に分けてヘアクリップなどで留めておきます。

 

 

②髪の毛の中間から毛先へ、ストレートアイロンを滑らせ毛先まできたら、外ハネになる側へカールをつけます。

 

 

ポイントは手首の返しを同じ角度にし、左右のカールが同じになるようにします。

 

 

慣れると簡単に、スタイリングの時間が短縮になりますよ!

 

30代以降の若く見える人気のボブヘアスタイルのポイント

30代若く見えるボブ

街中でよく見られるボブスタイルですが、なぜ年齢問わずいつの時代も人気なのでしょうか?

 

自分にはどんなボブスタイルが似合うのか、ボブスタイルにしようか迷っている方も必見です!

 

 

ボブが似合う人?似合わない人?

 

一般の方のgoogleのリサーチでは

 

●ボブ 似合わない 面長

●ボブ 似合わない 丸顔

●ボブが似合うか分からない

というキーワードが上位を占めます。

 

ボブ似合う似合わない

 

ボブスタイルに挑戦したいけど「自分の髪質や骨格に似合うのかな」っと思っている人は結構多いようですね。

 

結論から言うと似合うか似合わないではなく、お客様に似合せたカットで納得のいくボブにできます!

 

 

人によって朝のお手入れ方法が違います。

 

「ヘアアイロンを使って内巻きにしている」

「仕事場では耳にかけて顔周りをスッキリさせています」

「子どもの世話をする為、結んでます」

「朝からシャンプーするので寝グセはきになりません」

「スタイリング剤をつけます」

 

髪質・骨格・お悩み・ご希望が全て同じお客様はいません。

毎日のお手入れ方法に合わせて似合うバランスを考えた、オーダーメイドカットが大切なんですね!

 

若く見えるボブになれる3つのポイント

 

髪や頭皮のお悩みが増えてくる30代・40代の大人女性からのボブ人気が高まっています。

 

「髪に艶がない」

「年齢とともにハリコシがなくなった」

「ボリュームが出ない」

 

そんな大人女性のボブが素敵にみえるポイントはどのようなものなのでしょうか?

 

根元からのボリュームと自然な軽さの前髪

30代以降の若く見える人気のボブヘアスタイルのポイント

 

年齢とともに髪が細くなり、根元からボリュームが出づらくなります。

 

髪が太い100本と髪が細い100本では本数が同じでも、ボリュームの見え方が変わってしまうんです。

 

トップにボリュームがないと分け目がつきやすくなります。

 

分け目に立ち上がりがないと白髪も見えやすくなり、更に老けた髪型になってしまうんです。

 

ヘアスタイルの形を左右するトップのボリュームは1番こだわったほうがいいですね!

 

 

また前髪はお顔に近く、印象がガラリと変わります!

 

毛先が同じ長さに揃っていてパツンっとした前髪は幼く見えてしまいます。

 

年齢が若くみえるのと、幼くみえるのでは訳が違いますよね…

 

やはり前髪は大切!!

 

毛先に重さを残した前髪は若作りしすぎた印象になる場合があります。

 

斜めに角度をつけたり毛先に隙間を作り動きを出すなど、似合わせながらカットするのがポイントです!

 

 

後頭部の丸みのあるシルエット

30代以降の若く見える人気のボブヘアスタイルのポイント

 

ドライヤーでしっかりボリュームを出しても乾かしても、寝ている間に後頭部が押し潰されてペタンとしてしまいます。

 

丸みがなくペタンとした状態でスタイリングすると少し寂しい印象になります。

 

でも朝からしっかりブローしたり巻いたりする時間はありませんよね?

 

カットで厚みを残す部分や毛先を軽くし引き締める事でメリハリが出て、丸みのあるシルエットに仕上げることができます。

 

髪に厚みがあることで寝グセもつきにくくなりますよ!

 

気になる場合は朝のスタイリングで、ハネたりペタンとなっている部分の根元を軽く濡らしてドライヤーで立ち上げるだけ!

 

カットで作り込んでおくだけで、ご自宅でのお手入れは時間がかからず簡単になります!

 

襟足を引き締めてメリハリを出す

30代以降の若く見える人気のボブヘアスタイルのポイント

 

段差をつけるボブスタイルの場合は、どの高さから引き締めてメリハリをつけるかが重要となります。

 

毛先に重さと丸みがある定番のボブスタイルだと問題ありません!

 

メリハリのあるボブは段差を入れすぎるとショートスタイルに寄ってしまい、短かく見えてしまいます。

 

しかし段差を入れなさすぎると引き締めたいのか、定番の毛先に厚みのあるボブスタイルにしたいのか…

 

あやふやになり野暮ったい印象になってしまうんですよね。

 

どのような印象のボブにしたいのか、カット前のカウンセリングが重要になります。

 

襟足を引き締めることで、後ろから見たシルエットも後頭部から丸みが出てます!

 

首に沿って段差が入るので、首が長く見えたり小顔に見える効果が期待できますよ!

 

お客様によって骨格や髪質・ご希望・髪のお悩みが違う為、それぞれのポイントがあります。

 

大人女性が素敵に見えるボブのポイントを組み合わせて周りから褒められるようなヘアスタイルになるんですね!

 

 

【お手入れが楽】アラフォーに人気の髪型とは?

 

どんな流行りのヘアスタイルがあっても不動の人気ナンバーワンはボブスタイル!!

 

【お手入れが楽】アラフォーに人気の髪型とは?

 

耳下から肩上のボブは髪の毛も長すぎず、お手入れしやすいです。

 

なんと言ってもボブは髪の長さや毛先の段差のバランスで雰囲気が変わるので、人それぞれの魅力を最大限に引き出してくれます!

 

また美容院から帰宅後、ご自宅での仕上がりを再現しやすいのも人気の理由ですね。

 

美容院では上手くいってたのに、家では手に負えない…なんて悲しい状態になりにくいのもボブスタイルの特徴なんです。

 

 

ボブは段差がつきすぎていない・毛先が軽すぎない為、ご自宅でスタイリングが簡単にできますよ!

 

 

カットから2、3ヶ月経ってもスタイル崩れしないのも嬉しいですよね!

 

お手入れが簡単なボブはアラフォーに人気

【お手入れが楽】アラフォーに人気の髪型とは?

朝の支度の時間や夜のお手入れの時間に余裕がある方は少ないと思います。

 

学校や会社に行くまでにメイクや着替えなどの支度で、時間が余る事は滅多にないですよね…

 

今は社会で活躍する女性が増え、仕事へ向かうまでの時間や仕事から帰ってきてからの時間はどうしてもバタバタしてしまいがちです。

 

一般的にボブは肩上の長さくらいなので、ロングヘアに比べて毎日のシャンプーも時間短縮になります。

 

めんどうに感じやすいドライヤーもボブだと、早く髪を乾かすことができますよ!

 

いっそのことショーヘアの方が楽なのでは!?

【お手入れが楽】アラフォーに人気の髪型とは?

 

なんて思いがちですが、違うんですよ。

 

ショートヘアは髪の表面にしっかり段差をつけている為、毛先が動きやすいです。

 

 

すると寝ている間にクセがつきやすいんですよね…

 

 

すると朝は水で根元を濡らして、ドライヤーで乾かしなおす必要があります。

 

 

ボブは髪の表面にあまり段差が入っていないヘアスタイルなので、毛先に厚みが残り寝グセがつきにくいんです!

 

 

寝グセがついたとしても根元が浮きやすい襟足やボリュームがほしい後頭部、印象が変わりやすい前髪をなおすだけで仕上がります。

 

 

アラフィフにオススメのヘアカラー

 

アラフィフになると髪のボリュームと白髪のカバーが大切となります。

 

髪の表面に段差(レイヤー)をつけないヘアスタイルはどうしても平面的に見えますね…

 

アラフィフにオススメのヘアカラー

 

ロングヘアであればペタンと平面的でも毛先に動きが出たり、多少の膨らみが出るのでバランスがとれます。

 

また髪の表面に段差を入れることで、動きがでますよね!

 

しかしボブのような髪の表面が均一にまとまるヘアスタイルは平面的に見えすぎると逆効果になってしまう可能性があるんです…

 

 

 

ボリュームがなく平面的にみえる髪型のデメリット

●後頭部の形が悪く見える

●ハチ周りが強調され頭が大きく見える

●華やかさに欠け寂しく見える

 

 

お顔の印象にも違いがでます。

 

だからこそハイライトやローライトで、気に入っているヘアスタイルは変えずに立体感を出します!

 

 

ハイライトやローライトもボブ特有の形や長さにより、顔まわりのデザインが変わってきます。

 

 

前下がりボブに全体のカラーはアッシュ系で落ち着かせ、細めハイライトを頭の丸みに合わせて放射線に入れました。

 

アラフィフにオススメのヘアカラー

 

 

より後頭部にボリュームが出てみえ、ヘアスタイルに奥行きができましたね!

 

 

お悩みの際はどんな印象の仕上がりになりたいのかで明るさや毛束の太さ、染める位置を決めるといいですよ。

 

髪の内側や普段見えないところにハイライトやローライトを入れる必要はありません。

 

ヘアスタイルのデザインに合わせて髪の表面や顔まわり、結ぶ時に見える襟足付近だけでも印象を変えることができます。

 

 

髪全体にハイライトやローライトを入れない分、施術時間も短縮でき部分的に染める事ができますね!

 

いつものカラーにプラス5分〜10分で雰囲気を変える事ができます。

 

また部分的に染める事でダメージもできるだけ抑えられますよ!

 

白髪のカバーにも効果がハイライトやローライトはアラフィフに人気です。

 

 

 

 

やってはいけない髪型の老けるパーマヘアー

やってはいけない髪型のパーマヘアスタイル

 

残念ではありますが昔パーマをかけて失敗したという経験はありませんか?

 

失敗した = 老けた

 

と感じている人も多いかと思います。

 

老けて見えるパーマヘアーとはどのような髪型なのでしょうか?

 

やってはいけないパーマの3つのポイント

●根元からグルグル巻いてあるような強めパーマ

特に顔まわりに強いパーマがかかっていると印象も強くなり重さが残る為、老けて見えてしまいます。

 

 

●角が残り四角いシルエットになるパーマ

ショートやボブのパーマによくある仕上がりですね。

頭の形状はハチ周りが広がりやすく大きく見えてしまいます。

パーマは基本的にカールが重なりボリュームが出るので、広がる部分にボリュームを出すと更に大きくなってしまいます。

 

バランスの悪い四角いシルエットに仕上がると老けて見えてしまいますよね…

 

 

●パーマの全部同じカールの大きさにしない

髪全体のカールを同じ太さで巻いて仕上げると均一になりますぎて平面的に見えてしまいます。

せっかくパーマで立体感が出るはずなのに台無しになってしまいますよね。

 

 

ぽっちゃりや面長が気になる!?エアリーボブが人気です

ぽっちゃりや面長が気になる人はエアリーボブはいかがですか?

 

お顔のラインが気になる場合はAラインボブに顔の輪郭を隠しながら、毛先に軽やかなカールで自然な縦長に見えて小顔の印象になります!

 

面長が気になる方は耳の高さでボリュームを出し、丸みのある形に仕上げると気にならなくなりますよ!

 

 

前髪を下ろす若返りヘアスタイル

前髪を下ろすと若返り髪型

前髪は顔の印象を決める重要なポイントです!

 

髪全体で見ると前髪の小さい範囲なのですが、顔の印象を大きく左右します。

 

前髪の数ミリが若く見えたり老けて見せたり…

 

前髪は下ろした方が若く見える

前髪はかきあげたり横へ流すよりも、前に下ろして額を少し出すくらいが若く見えます。

 

年齢とともにできやすくなる額のしわを隠してくれる効果も…

 

髪型によりお顔が縦長に見えるより、お顔が丸く見えたり方が可愛らしく若く見えるんです!

 

髪型がショートでもロングでも覚えておきたいポイントですね!

 

 

【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

 

今日はパパッと髪を結んで手抜きヘアスタイルで出掛けたい…

 

でも手抜き感が出過ぎると人に会いづらい時は簡単ヘアアレンジがオススメです!

 

ヘアアレンジをすることでいつもと雰囲気を変えて、顔周りや首元がスッキリすることで華やかに若々しい印象になりますよ。

 

ゴム1本で簡単にできるセルフヘアアレンジをご紹介していきます!

 

①トリートメントバームなど固まらないスタイリング剤を馴染ませる
【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

ヘアアレンジをする際はトリートメントバームなど、固まらないスタイリング剤を馴染ませてから結んだり編み込んだりします。

 

髪に艶感や束感も出しやすくなり、短い毛がパラパラ落ちないのでやり直しせずヘアアレンジを完成させることができますよ!

 

②クシを使わず手ぐしでざっくり結ぶ

【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

クシを使って結ぶと髪の表面がピタッと均一に揃います。

きっちりした場面や服装だとクシを使った方がよさそうですね!

 

今回はゆるくラフな印象で普段使いできるヘアアレンジなので、手ぐしでざっくり結びます。

 

耳の高さと襟足の真ん中くらいの位置で結ぶとバランスがいいですね!

 

③親指と人差し指でつまむように束を引き出す

【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

手ぐしでざっくり結んでいるのである程度ラフな状態になっていますが、更に親指と人差し指でつまむように束を引き出すことでより柔らかくゆるい結び方になります。

 

左右非対称でいいのですが、頭が大きく見えないようランダムに少しづつ引き出しましょう!

 

結び目近くから引き出して、後頭部に多く束ができるように仕上げるのがキレイに見えるポイントです。

この時につむじがパカッと分かれないようにしましょうね!

 

④後れ毛があると更にこなれ感アップ

【まとめ髪美人】若く見えるヘアアレンジ

こめかみやもみあげ、耳後ろや襟足をポイントに後れ毛を出すと小顔効果にもなります!

 

耳や首が近いので火傷に気をつけて、コテやアイロンで毛先を巻くとこなれ感が出るので若く見えるヘアアレンジになりますよ!